読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとーちゃんがいない‥‥。

昨日のお迎えのときのこと。

同じクラスの仲よしのまりちゃんのママがちょうど同じタイミングでお迎えに来た。

ゆま(2歳8ヶ月)は、まりちゃんと一緒に帰る!といって、まりちゃんたちについていくことに。

 

まりちゃんとまりちゃんママは、

出張帰りのパパのお迎えをするために最寄り駅へいくとのこと。

 

そして‥‥まりちゃんパパ発見!

まりちゃんはとっても嬉しそうにパパのところへ走って行って、パパにおーきなだっこをしてもらっていた。

ゆまも、同じようにはしっていき、まりちゃんパパの前で立ち止まる。

 

私が、「ゆま、だっこ、してもらいたかったかな?」と聞いてみたら、

ゆまは何も答えず翻ってこちらへ戻ってきた。

 

そのまま、まりちゃんたちと一緒におうちの方向へいくことに。

分かれ道に着き、私が、そろそろお別れだね、また明日だね。というと、

ゆまは、「いやだ!」まりちゃんも、「いやだ!」といって、ふたりはぎゅーっとだきあっていた。

明日会えるよ、とか、さよならあんころもちしようか、等、色々いってみるも、

残念ながら全部空振りで、ゆまは少し暴れぎみに「いやだ!いやだ!」

 

最後は、まりちゃんパパがまりちゃんを抱っこして、

さよならすることに。

 

まりちゃんが見えなくなっても、ゆまは、私が何をいっても、

「いやだ!かえらない!」と自転車の横で暫く暴れていた。

 

こんなゆまはとても珍しい。

いつもなら、お友だちについていくことはあっても、

そろそろだねーというと、うん、といってバイバイタッチをして元気に戻っていくのに。

うーん、どうしてだろう??

 

さっきのまりちゃんパパへのだっこの時の行動が気になるな‥

 

 私「もしかして、さっき、まりちゃんパパにだっこしてもらいたかったの?」

ゆま「うん」 

 

そういえば、夫は出張中で、ゆまは、おとーちゃんに2週間近く会っていなかった!

 

私「もしかして、おとーちゃんに会いたくなったの?」

ゆま「うん」

私「おとーちゃんに会えなくて寂しいの?」

ゆま「うん」

私「そうだったんだ。おとーちゃん、いまなにしてるかしってる?」

ゆま「おしごとでしょ」

私「そうそう。今日も帰ってこないんだー。おかーちゃんもさみしい。

そしたら、今日、おかーちゃんがおとーちゃんになって、たくさんだっこしよっか?」

ゆま「うん!」

私「おっけー!そしたら、家帰ろう!」

ゆま「うん。‥‥グラタン食べたい!」

 

あ、いつものゆまにもどった。

 

ゆまは、帰ってからも、「おかーちゃんが、おとーちゃんになるの!」と嬉しそうに言っていた。

 

ゆまは、あの、まりちゃんパパを目の前にした瞬間に、おとーちゃんのこと思い出したのかな‥‥?

だっこしてくれるおとーちゃんがいない‥ってなっていたのかな?

 


f:id:ntamiko:20161111000258j:image