読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきくなったら。

ある日、娘(2歳9か月)が息子(0歳8か月)に、

自分が食べていた「固焼きせんべい」を食べさせようとしていたことがありました。

 

私「ゆま、ありがとー。でも、しゅんちゃんは、まだ食べれないんだ~。

  もう少し大きくなったら、食べられるようになるよ。」

娘「大きくなったら?」

私「うん」

 

 

そして、数日後、娘が同じようにせんべいをもっていたときのこと。

娘は私に、真剣な顔で、

「しゅんちゃんはね、まだ、おくち、大きくないから、食べられないんだよ」

と教えてくれました。

 

私は、吹きだしそうになりながら、

「そ、そうだね、まだ難しいんだよね」となんとか答えました。

 

その時は、おくち、という意外な付け足しに面白くなってしまったのですが、

後から考えてみると、確かに、「食べられない理由」×「大きさではかるもの」だと、

そうなるかもなぁ、と妙に感心させられたのでした。

 

 

大きい小さい、は、娘にとって、抽象的すぎて分かりにくいのかもしれない。

そんな、よくわからないものを、自分の中で分かるものに変換して、納得して、取り込む。

そんなことをやっていたのかなぁと想像していると、

あぁ、娘は、私たち大人と同じことをやっている、と気が付いたのでした。

 

f:id:ntamiko:20161109122622j:plain