読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

窓際のトットちゃん

窓際のトットちゃん。

この本を読んでいる途中、何度も何度も、涙が溢れそうになります。

それは、私の中にある  こどもの世界  に、やさしく光があたり、あったかく包まれているような、そんな感じです。

 

私のなかのこどもの世界。思い出したのは、私の最初の記憶である、だいたい4歳くらいの時のこと。

小児科で検尿をしているとき、思わずうんちが出てしまい、コップを持ってくれていた母の手に、うんちがべちょ!っと着いてしまいました。

私は、わ、まずい!そんなつもりじゃなかったのに、お母さんの手にきたないうんちがついちゃった‥‥とショックを受け、母をみてみると、母は、

「◯◯(私の名前)のうんちだから、きたなくないよ。」

と言いながら、普通に手を拭いていました。

 

その時、私は、おもわぬ返答に驚いて、そして、胸が締め付けられるほど嬉しくて嬉しくてたまらなくなったのを、はっきりと覚えています。 また、お母さんが本当におおきくて、かっこいい!と思いました。

そして、この魔法の言葉を、私もいつか誰かに言おう、と心に決めたのでした。

 

そして、8年越し、中学一年生のこと。

友達と話していたとき、その友達のよだれが、私の手にたらーと垂れました。

そのとき、私は、あの、心に決めていたセリフを言うことができたのです。

「◯◯(友達の名前)のだから、きたなくないよ。」

 

その言葉を言ったあとの何とも言えない満足感。あのときのお母さんみたいに、自分も少し、おおきくてかっこよい人になれた感じがしたのでしょう。

その友達は覚えているかはわからないけれど、私にとって、今になっても忘れられない大切な日になったのでした。


f:id:ntamiko:20161229145533j:image