読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年齢は関係ないよね

先日、札幌にあるトモエ幼稚園にいってきました。

札幌はまだ雪が積もっていて、どれくらいでしょうか、私がずぼっとはまったところは深さ30センチくらいはありました。

ある日の午後、幼稚園の裏にある雪山でモモンガに会えるかもしれない、ということでトモエ幼稚園のスタッフに連れて行ってもらいました。

一緒に行ったのは、5歳の男の子、3歳の男の子、0歳の赤ちゃんの3人を連れたお母さん、そして、私と、娘(3歳)、息子(1歳)、母の、合計8名。

少し雪がふぶき始めました。

 

スタッフが雪の上に道を作ってくれ、私たちは、その後ろについて登っていきます。

5歳の男の子は、道なんか関係なく登っていったり、雪の上をごろごろ転がったり、スタッフに投げてもらったり、水を得た魚のようにはしゃいでいました。

途中で、足が滑り沢に落ちて、足や体が濡れてしまうこともありました。

 

きっと、お母様から見たら、怪我をしてしまうんじゃないか、遭難しちゃうんじゃないか、こんなはしゃいでいたら帰り道疲れて歩けなくなるんじゃないか・・・そんな心配をしながら見ていたかもしれません。

 

40分くらいは外にいたでしょうか。

帰り道、娘は、疲れた~と言いながらも、なんとか園舎が見えるところまで戻ってきました。

そして、さすがにもう疲れ、おばあちゃんに抱っこしてもらいたいと、後ろにいるおばあちゃんを振り返ると、5歳の男の子がしゃがんでいました。

その男の子は力尽きて歩けなくなってしまっていたのでした。「疲れた~」。

足も身体も濡れて冷たいだろうし、あれだけはしゃいだのだから、きっととても疲れていたのだと思います。園舎が見えて、気が緩んだのかもしれません。

 

その時、その男の子のお母さんが、男の子に向かって、

「3歳の子(娘)ががんばってるんだから、5歳のおにーちゃん、がんばりなさい!」と言いました。

 

私も、娘も、その言葉を聞いて、固まってしまいました。

 

私は、そのお母さんの気持ちがとてもわかりました。

”ほら、こうなると思った。最初にあんなに遊ぶからでしょ・・・自分で責任とりなさい!”

それに、がんばってその男の子をだっこしようと思っても、既に0歳のあかちゃんを抱っこしていながらの5歳の抱っこはできません、そもそも0歳を抱っこしながらの雪山登山をしてきた後なので、きっと、とても疲れていたことでしょう。なんとか自分で歩いてもらえるようにしなくちゃ。

或いは、もしかしたら、3歳の娘の目の前で、5歳がだっこされるようなことがあったら、私も母として娘を抱っこしなくてはいけなくなる、ということを心配してくださっていたのかもしれません。

 

娘はといえば、おばあちゃんに抱っこをしてもらうために振り返ったその瞬間に、自分が引き合いに出されて、男の子が怒られてしまいました。

自分のせいでおこられちゃった?大きくなったら、疲れたっていっちゃだめなのかな?

そんなことを感じていたかもしれません。

 

男の子は、立ち上がることができません。

次の瞬間、スタッフがやってきて、

「年齢は関係ないよね」

と言って、その男の子をおんぶして、園舎に戻っていったのです。

 

その言葉によって、私には、場の空気がふっと緩んだように感じました。

 

5歳の男の子は、5歳でも、疲れた時には疲れたって言ってもいいんだ。と思えただろうし、

これからもきっと、”今”を思いっきり楽しめる彼のままでいられるのだと思います。

 

男の子のお母さんも、本当は、無理矢理歩かせたいわけじゃなかったのではないかと思うのです。

何かしら、「自分でやったことは自分で責任をとるべき」「後のことを考えて自分をセーブできるようにしつけるべき」「他の親子に迷惑をかけるべきではない」など、自分の中で積み上げてきた「~すべき」の中で、出てきた言葉。もしかすると、ご本人自身がすごく頑張ってきていることなのかもしれません。

しかし、そのスタッフの言葉で、その「べき」から解放されるような、そんな感じがしたのではないでしょうか(想像でしかないけど)。

娘も、すっきりした気持ちで、おばあちゃんにおんぶされて帰ったことでしょう。

 

スタッフの一言で、その場にいた皆が、

誰だって、3歳だって、5歳だって、大人だって、疲れたら、疲れたって、言っていいんだ。そう思えたのではないでしょうか。

 

この件によって、私も、娘も、その男の子も、そのお母さんも、きっと、別の人の同じような場面に出会ったら、

心から、「年齢は関係ないよね」と伝え、手を貸してあげられるのではないかと思います。

 

私も、いつか、このスタッフのように、ここぞというタイミングに、皆が自分自身をそのまま受け止められるような、そんな優しい一言が自然と伝えられる人になりたいと思いました。

 

f:id:ntamiko:20170331224651p:plain